まんこが臭いのは当然かも!?

まんこが臭いのは、なかなか人に言えない、厄介な悩みです。でもこの悩みは、大半の女性が感じたことがある悩み。

 

体の仕組み上、まんこの部位の環境的にも悪臭を放つのは、ある程度仕方のないことなんです。

 

ただ、安心して欲しいのが携帯電話の発展のように、デリケートゾーンの臭いを解消するケア用品も研究に研究が重ねられ、目をみはる進歩をとげています。

 

今では、独特のまんこの臭いも若い頃の自分のように、気にならないレベルまでセルフケアで改善することが可能です。

 

 

あなたの臭いレベルは?

まず、以下に当てはまる方は、まんこの臭いケアを考えた方がいいでしょう。

・自分でもマンコがクサイと感じている
・愛し合った後、パートナーがおもむろに手をゴシゴシ洗う
・まんこを舐めてくれる回数が減った
・そもそも愛し合う回数が減った

 

自分でも臭いってことは、回りの人からしたら、相当臭いですよね。しかも直接、顔を近づける彼氏からしたら、まさに生き地獄です。

 

行為が終わった後に、パートナーが丁寧に手を洗うのは、あなたの下半身がクサイ証拠です。そして、徐々に愛し合う回数も減っていくでしょう。。。

イケメン達の本音

まんこが臭いのはどう思ってるの?3人のイケメンが告白↓↓

 

そもそも、まんこが臭い要因は?

独特で生臭いニオイを放つまんこの原因は、複雑な要素が絡み合っています。
簡単に言うと、以下になります。

<まんこが臭い要因>
・汗や雑菌、垢などの腐敗臭
・尿や便の拭き残り
・膣内、子宮頚部から分泌される老廃物
・オリモノの粘液残骸による細菌
・アンダーヘアーにこびり付いた悪臭

 

言葉を見ただけで、かなりの悪条件が揃っていますが、さらに最悪なのは、

「常に高温多湿で蒸れている」

 

ということです。さらに強固にこびり付いてしまうので、一度付いてしまった悪臭は、ちょっと洗ったくらいでは取れないんです。また、まんこは粘膜で覆われており、タンパク質が豊富にあるので、雑菌が繁殖するには最高の環境なんです。

 

尿や汗、オリモノなど、女性が生活を送っていく上で、どうしても必要なものばかりで、避けることができない環境なのです。

 

まんこの臭いを解消するには

多くの女性が悩んでいるまんこの臭い対策ですが、今ではデリケートゾーン専用の石鹸やケア商品が用意されています。中には、まんこの黒ずみも同時に改善してくれる優れものもあります。

 

当サイトでは、専門誌、美容雑誌、総合口コミサイトの情報をともに、おすすめの人気ケア商品をランキングでお伝えします。

 

※「匂いへの効果」、「黒ずみ効果」、「保湿効果」、「口コミ人気」を5段階で評価し、ランキングのあとに一覧表で纏めてますので、あわせてご確認ください

まんこの臭い対策|専用石鹸・ジェル人気ランキング

イビサソープ

イビサソープは、デリケートゾーンの臭い(汗、血等)を軽減してくれる、女性のための薬用の医薬部外品です。

 

主成分は「薬用ダブル成分」であり、2種の成分が悪臭の大元である雑菌を、力強く滅してくれます。そして、女性のためのビタミンも5種入っており、代謝を安定させ、保湿しコラーゲン生成能力を安定させたりしてくれます。

 

添加物が入っていないので安全性が高く、皮膚が弱い方でも気兼ねなく用いる事ができます。

 

最初から泡で出てくるので利便性が高く、掌に2回か3回プッシュして出して、そのままデリケートゾーンに使うだけなので、簡単ケアも人気のポイントです。

 

   

価格 容量 評価
定期初回 3,470円 140ml まんこ,臭い,対策

シークレットレディ ジャムウソープ

インドネシア原産のジャムウをメインにしたシークレットレディ ジャムウソープには、デリケートゾーンの臭いを軽減させる作用があります。

 

多くの女性の悩みであるムダ毛跡のケア、黒ずみ、臭い、引き締めに効く成分を中心に混ぜ合わされたジャムウが使われています。

 

そこにローズの匂いがプラスされるので、使用後も爽やかな気持ちにさせてくれます。

 

ジャムウと自然植物素材がミックスされ、さらに3種のパフュームも含有され、ツヤツヤした美しい肌に近づけるデリケートゾーン用のソープです。

 

オールインワンなので、使い勝手も良いです。

 

  

価格 容量 評価
1,955円

(泡たてパフ付き)

100g まんこ,臭い,対策

ピーチジョン

ウォッシュオイルのピーチジョンには、汚れを浮かせて黒ずみを防止したり、デリケートゾーンの臭いをケアする効果があります。

 

99.8パーセントのリアルオーガニックで、純国産の無農薬素材だけを使用し、日本人女性の肌に合うような成分構成となっています。

 

老廃物をしっかり除去し、デリケートゾーンを綺麗に、黒ずみへもしっかりアプローチします。

 

さらに、香りの女王「ダマスクローズ」に加え、モモ、カーネーション、カリンの爽やかでエレガントな香りにより、女性自身の若さを保ってくれます。

 

天然由来成分へのこだわりが強く、合成シリコン、合成染料、合成着色料、遺伝子組み換え原料などは、全く使用しておりませんから、毎日気兼ねなく使えます。

 

  

価格 容量 評価
定期 3,150円

(1回のみ解約OK)

100ml(2ヶ月分) まんこ,臭い,対策

アンボーテ フェミニーナウォッシュ

アンボーテ フェミニーナウォッシュは秀でた消臭作用があるデリケートソープです。ヨーロッパで重要視されている、オーガニック認証COSMOS基準をパスした国内初のデリケートソープです。

 

肌が乾燥すると臭いが生じやすくなるという要素に注目し、保湿成分を豊富に含有させています。洗浄する事で潤いをキープし、潤いをキープする事で、黒ずみのケアをするという狙いがあります。

 

使用方法もシンプルで、濡らした手のひらに、2〜3プッシュ垂らし、良く泡立ててからデリケートゾーンを洗浄するだけです。

 

自然の美容成分が豊富に入っており、身体中に使用できる優しい使い心地も人気です。

 

   

価格 容量 評価
定期 3,980円 150ml まんこ,臭い,対策

ジャムウハーバルソープ

ジャムウハーバルソープは、脇やデリケートゾーンならではの黒ずみ、角質、悪臭を濃密な植物抽出液でしっかりケアします。

 

優れた消臭作用の秘訣は、インドネシアで古来より使用されている自然ハーブの素材を配合した消臭成分を、国内の女性の肌にマッチするように、独自で組み合わせている事です。

 

一般的な石鹸と違い、製造過程において機械を使用せず、手作りなのも効果を高めています。

 

デリケートゾーンだけでなく、身体中どこでも使用できる天然素材で、刺激のほとんどない石鹸であり愛用している人は多いです。

 

 

価格 容量 評価
1,895円

(泡たてネット付き)

64g まんこ,臭い,対策

コラージュフルフル泡石鹸

コラージュフルフル泡石鹸は薬用抗菌石鹸であり、商品シリーズには液体石鹸もあります。

 

雑菌、汚れ、臭いなどの除去を望めます。脇の汗の臭いや、デリケートゾーンの悪臭など、臭い全般を和らげる作用があります。

 

デリケートゾーンの臭いの要因には、雑菌などが肌に付着する真菌(カビ)がありますが、コラージュフルフル泡石鹸には、泡の能力でその雑菌が殖える事を防ぎ、真菌をスッキリと取り除く作用があります。

 

洗顔、部位洗いなど、身体中に使用できますし、乳幼児からお歳を召した方まで、色々な生活の場面で利用する事が可能です。

 

 

価格 容量 評価
2,300円 300ml まんこ,臭い,対策

ロンタルハーバルジェルソープ

デリケートゾーンや脇下の黒ずみや悪臭の原因の1つに、誤ったセルフケアがあります。

 

ロンタルハーバルジェルソープは、このような悪臭や黒ずみを解消するための薬用ソープであり、黒ずみや臭いの解消に効くジャムウの他、柿タンニンやミョウバンも豊富に入っています。

 

デリケートゾーンの悪臭を軽減するだけでなく、黒ずみの解消にも役立ちます。

 

洗浄できる美容ジェルであり、デリケートゾーンへの使用に適した弱酸性になるよう開発されました。

 

 

価格 容量 評価
4,590円 (2本セット)

(泡たてネット付き)

156g (1本) まんこ,臭い,対策

シェリーケア

シェリーケアは多くの女性の悩みの種である、デリケートゾーンの臭いをケアする製品です。

 

ラベンダーとマンダリンオレンジの優しく爽やかな香りを纏う事ができます。

 

カミツレ抽出液が肌の保護機能を高め、コンフリー抽出液が肌荒れを防止・改善し、カンゾウ抽出液が刺激から肌を保護し、アロエベラ液汁が乾燥から肌を保護し、水分を与えます。

 

臭いケアのみならず、肌の状態も良化できるのです。

 

品質管理は厳格で、日本で作られております。100パーセント農薬フリーの栽培で、提携先ハーブ農園の天然材料が使用されているので安全です。

 

 

価格 容量 評価
定期初回 2,116円 50ml まんこ,臭い,対策

愛肌ソープ

愛肌ソープという石鹸には、デリケートゾーンのくすみや臭いや黒ずみを防止する作用があります。

 

愛肌ソープの含有している自然ハーブは30種にも及んでおり、刺激の少ない成分で作られています。

 

魅惑的なフローラルローズの匂いで、使用後も上品な心持ちにされてくれる女性に寄り添った石鹸です。

 

 

価格 容量 評価
1,980円 80g まんこ,臭い,対策

 

専用石鹸・ジェル 一覧表

※画像をクリックすると拡大します

 

 

■絶対にNG!!多くの女性が勘違い

臭いを取りたいあまり、一生懸命ゴシゴシ陰部を洗う人がいます。この行為によって、逆に臭いがキツクなった経験のある人も多いです。

 

膣内には、デーデルライン菌という善玉菌の一種が住みついており、膣内を酸性に保つ作用があり、外からくる病原菌や臭い菌の侵入を防いでくれます。つまり、膣内を自浄してくれるのです。

 

陰部を強くあらい過ぎると、善玉菌まで一緒に洗い流してしまい臭いが強くなったり、デリケートな膣内を傷つけ炎症を起こしオリモノが増えたり、デメリットだらけです。

 

優しく泡の力で、汚れを洗い流すイメージを持つようにしましょう。
アソコの正しい洗い方はこちらの記事

 

 

デリケートゾーン専用|美容ケア商品人気ランキング

専用ソープで洗った後は、たっぷりの保湿美容液で優しくケア。臭いの原因菌をシャットアウト↓↓

プリンセスアンダー

プリンセスアンダーは、美容成分を含有した純国産のデリケートゾーン用のデオドランド製品です。販売開始以来、様々なメディアで紹介され注目を集め、専門医が監修する「スキンケア大学」でも大々的に取り上げられています。

 

脱臭作用と発汗抑制に優れた「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が配合されています。柿タンニンを代表とした10種の自然成分が、デリケートゾーンの肌を保護しつつ、美容効果を発揮してくれます。

 

添加物フリーで、高品質なダマスクローズの香りで魅力を高めることもできます。ユーザー満足率は96.7パーセントに達しており、性能は確かです。

 

 

価格 容量 評価
定期初回 980円 30g(約1ヶ月分) まんこ,臭い,対策

アクアデオ

アクアデオはデリケートゾーン用の制汗・除菌クリームです。成分や生産場所にこだわり、安全性に優れた国内工場で作っています。香料不使用で、8種の自然成分が入っています。

 

99.9パーセントの除菌作用がある事が実証されており、除菌力を心配している方でも気兼ねなく使用する事が可能です。クリーム式で、気になった時に、ひと塗りでケアできるという簡単さも人気の理由の1つです。

 

耳の裏、手のひら、足、足の裏、デリケートゾーンにも使えるので、1本持っておけば便利です。

 

 

価格 容量 評価
定期 5,980円 30mg(約1ヶ月分) まんこ,臭い,対策

デオプラスラボプラチナム

デオプラスラボプラチナムは、デオ・パフュームクリームで、男性を魅了する臭い軽減アイテムです。

 

イソプロピルメチルフェノールが入っており、優れた殺菌能力を発揮してくれます。除菌率は99.9パーセントにも及びます。

 

臭い軽減効果のある柿タンニンは、従来品の40倍入っており、収れん、被膜、制汗、殺菌、臭い軽減、の5つの効果で臭いの根源をしっかり取り除きます。

 

デオプラスラボプラチナムは手のひら、足裏、バストトップ、脇下、そしてもちろんデリケートゾーンなど、気がかりな部分の悪臭を改善してくれます。

 

パッケージもオシャレで親しみやすく、様々な場所に使用できるので、重宝するでしょう。

 

 

価格 容量 評価
定期 5,616円 30g(約1ヶ月分) まんこ,臭い,対策

フロプリー

薬用パーフェクトセットのフロプリーには、97.7パーセントデリケートゾーンの悪臭をカットしてくれます。デリケートゾーン用ソープとサプリがセットになっていて、しつこい悪臭を体の外側と内側から、確実に取り除く仕組みとなっています。

 

悪臭の要因は体の外の雑菌と、体の中のアンモニアですが、今までの製品は雑菌に着目したものばかりでした。フロプリーはアンモニアの臭いに関する効果を追求し、外側と内側の両方から働きかけることにポイントを置いています。

 

ストレスや老化による衰えを補う成分も豊富に配合されており、女性ならではの身体の調和を保ちます。フロプリーはメディアや美容雑誌などでも紹介され、多くの女性に愛されています。

 

 

価格 容量 評価
定期 5,800円 サプリメント:90粒

専用ソープ:30ml

まんこ,臭い,対策

ピンキープラウド

ピンキープラウドはオールインワンの美容液です。女性500名の協力の下、アンケートを実施し、それをベースにして作られたデリケートゾーンの臭いケア用品です。8種の自然オイルが含まれており、専門のアロマテラピストも使用しているほど、抗菌力に秀でたものです。

 

自然成分にこだわりがあり、インドネシアで古来より使用される自然ハーブのジャムウを配合する事で、女性の健康と美をサポートする事を念頭に置いています。

 

また、肘など変わった部位の臭いケア、脇やデリケートゾーンの臭い、黒ずみ解消作用などが期待できます。

 

 

価格 容量 評価
3,534円 80ml(約1ヶ月分) まんこ,臭い,対策

 

プリンセスアンダーが1位の理由

プリンセスアンダーはコスメ美容品のデオドランド部門で、発売開始以来、売れ行きが好調です。

 

デリケートゾーンの水分不足は悪臭の要因と言われていますが、美容液でも重宝されている選び抜いた10種の保湿・美容成分で水分をキープします。

 

余計な発汗を抑制し、除菌・防臭成分も豊富に含有しています。アンダーヘアーも含めて、丸ごとケアする事が可能なのも魅力であり、総合力で1位としました。

 

1回目限定の購入金額の安さも嬉しい点です。そして、無期限返金保証システムもあるので、まずは1回効果を試す意味で使ってみても良いかもしれませんね。

 

 

膣内の自浄機能でニオイ解消

他商品とは違ったアプローチですが、専門医療用品のこちらも人気です↓↓

インクリア

インクリアはデリケートゾーンのオリモノと悪臭をケアするための製品です。インクリアは、産婦人科医と提携開発された専門医療用品であり、優れた作用も証明済みです。

 

デリケートゾーンに対して清潔に使用できるよう、1回で1本を使い捨てる形式になっています。

 

体液や血液の調和をキープするペーハー値は、膣は普通3.8〜4.5pHの酸性になっており、細菌の増殖を防ぎます。

 

インクリアは膣の自浄能力を高める補助成分として乳酸が配合されており、膣内環境を安定させ、自浄能力を強力にサポートする事でオリモノの悪臭や、臭いの根源を排除してくれます。

 

 

価格 容量 評価

3本:1,296円
10本:3,888円

1本:1.7g まんこ,臭い,対策

 

よく読まれている人気の記事

正しく洗って、まんこの臭い解消

デリケートゾーンは正しく洗うことが、まんこの臭い対策だけでなく、トラブル回避のための大前提になります。この記事では、正しい洗浄方法についてお話していきます。

 

基本的な洗い方を押さえる!

まんこを洗う際に注意すべきことは、自分の体質や性器の特徴をよく知り、トラブルが起こらないようにケアしてあげることです。

 

石鹸選びがまずは重要

まんこを洗う上でそのスタートになるのが、石鹸選びです。デリケートゾーンを洗う際には、刺激が強い石鹸の使用を控えることが重要です。膣内のpHバランスである「弱酸性」の石鹸が理想とされますが、個人差がありますので、肌質が弱い女性は石鹸をつかわずに、ぬるま湯だけで洗うことも視野に入れておくべきです。

 

石鹸をつかう場合、手で泡立てる、あるいは泡立てネットなどを使用してしっかりと泡立てることが大切です。指やビデなどで洗うというよりは、「泡で洗う」というイメージで洗浄を行います。

 

 

まんこを洗う手順

まずは陰毛から洗浄をはじめます。上記で泡立てた泡をたっぷり陰毛につけて、しっかりと洗浄を行いましょう。次に、性器外部を指の腹で優しく、しかし細かい部分までしっかりと洗浄します。デリケートゾーンの形質はかなり複雑なので、シワの中にニオイの原因菌が入り込んでいることもあります。

 

陰毛と性器外部の洗浄が終わったら、最後に肛門を洗浄します。肛門を先に洗浄すると、肛門に付着している雑菌が後で洗う性器の内部に入り込んでしまうリスクがあります。これは絶対に回避する必要がありますので、肛門は陰毛と性器の洗浄が終わった後に行うようにしましょう。

 

膣の内側はどうすべきか

一般的には、膣内部の洗浄は行いません。気分的にそれでは気持ちが悪いという女性も多いと思いますが、そういう場合は、ぬるま湯と指で洗い、石鹸や器具はつかいません。

 

というのも、膣内はpHのバランスや善玉菌、悪玉菌のバランスが非常にデリケートで、へたに洗浄するとさらにニオイが強まってしまうことも多いからです。

まんこの洗い方・応用編

基本的な洗浄を終えたら、今度は応用編をご紹介します。最近はデリケートゾーンに気を使う女性が非常に増えていますので、ケアの方法も多様化しています。

 

部分パックが近年のトレンド

まんこ洗浄用の専用石鹸は、部分パックできるものが多くなってます。洗浄液そのものだったり、泡立つソープはたっぷり泡立てて、デリケートゾーンを包み数分置くだけでパックできてしまうという手軽な感じです。初めての方でも、簡単に部分パックすることが可能です。

 

黒ずみの対策も一緒にやってしまう

洗浄とはまた少し離れるかもしれませんが、まんこ専用の石鹸には、黒ずみ効果を期待できる成分を配合しているものも近年増えていますので、まんこの黒ずみが気になっている女性は、黒ずみ対策用の専用石鹸を使用し、洗浄と同時に黒ずみへの対策も行うことが可能です。

 

いずれの方法も、石鹸の用法をしっかりと守り、トラブルにならないよう優しく洗浄しましょうね。

 

まん臭のニオイのもと|汗の改善方法

まんこのニオイに悩む女性は多いです。なかなか相談できない悩みだけに、あきらめてしまう女性も多いです。しかし、あきらめる必要はありません。まんこの特徴を正しく理解し、まんこの臭い対策を正しく実践し悩みを解消しましょう。

 

汗にも「種類」があることをご存知ですか?

まんこのニオイの原因となるファクターはいろいろあります。有力な原因のひとつが、私たちの誰もが知る「汗」です。そして実は、汗にも「種類」があるのです。

 

◇種類1 エクリン腺から分泌される汗
汗をかく、つまり発汗する目的の多くは、体温調節を行うことにあります。体温調節が目的の汗は、エクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌されます。エクリン腺から出る汗は、そのほとんどが水分であり、質感がとてもサラサラしていて、ほぼ無臭であるため、雑菌が繁殖しづらく、ニオイの原因にもなりづらいという特徴があります。

 

◇種類2 アポクリン腺から分泌される汗
アポクリン腺は、デリケートゾーンや腋など、ニオイが原因の悩みが起こりやすい部位に多く分布しています。つまり、アポクリン腺から分泌される汗が、ニオイの原因になります。そう、アポクリン腺から分泌される汗は、とても臭いのです。

 

また、この汗は、エクリン腺からの汗と違ってベトベトした粘りけがあり、肌に付着しやすいため雑菌の温床となりやすい特徴があります。つまり、女性特有の悩みであるデリケートゾーンのニオイは、アポクリン腺から分泌される汗が原因になっていることがほとんどなのです。

 

まんこの汗臭を改善する方法

方法1 アポクリン腺からの汗を減らし、エクリン腺からの汗を増やす

人によっては、汗をかきやすい夏場よりも、汗の分泌が少ない春先のほうがニオイを感じることがあるといいます。しかしこれは単なる錯覚などではなく、ちゃんとした理由があります。

 

実は、汗をかきやすい時期は、アポクリン腺よりもエクリン腺からの汗の分泌のほうが圧倒的に多くなるのです。言い換えれば、汗を普段からかきやすい人は、多少のニオイがあっても、そこまで強烈な悪臭がデリケートゾーンや腋からは発せられないことになるのです。

 

ですから、運動をする、サウナに入る、発汗作用のある食料や飲料を摂取するといった工夫によって汗の分泌量を増やすことで、汗の質を良化させることが可能になります。発汗作用をもたらすサプリメントを摂取することも有効でしょう。

 

方法2 デリケート専用ソープや専用の美容液を使う

運動をして汗を流す、あるいはサウナで汗をかくことは、まんこの悩みを解消する上でも健康管理の上でも、非常に素晴らしいことではあるでしょう。ただ、忙しい現代人にとって、運動をしたりサウナで汗をかいたりといった時間をそうそう頻繁に割くことができないのが実際のところです。

 

そんな時には、まんこの臭いの悩みを解消するために開発された、「デリケート専用ソープ」や、デリケートゾーンのニオイに特化した美容液など、デリケートケアアイテムを使用する方法です。
悩んでいても、デリケートゾーンのニオイの問題でお医者さんに相談する女性はほとんどいないと思いますので、そんな方にはおすすめです。

 

 

まんこの臭いを改善する食べ物とは

まんこのニオイは身体の外側から改善(女性専用の石鹸などの使用)するのが一般的ですが、ここではあえて内側から改善する方法を考えます。つまり、食べ物からまんこのニオイの問題にアプローチしようというテーマでお話します。

 

ニオイを改善するためにクリアすべき条件がある

食べ物からまんこのニオイを対策していくとはいっても、正直イメージしづらいところもあると思います。いきなり「これを食べなさい」ということではなく、まずはどういったプロセスでニオイを改善していくのかという点からお話していくことにします。

 

腸内環境を整えることからはじめよう
デリケートゾーンのニオイを改善していく上で、まず考える必要があるのが「腸内環境」についてです。いくらケアしても、優れた消臭効果があると考えられる食べ物を食べても、腸内環境が整っていなければすべて付け焼刃的な対処になってしまいます。逆に、食べ物によってデリケートゾーンのニオイが改善されるということは、その食べ物が腸内環境を整えているということにもなるのです。

 

まんこのニオイを抑える食べ物や栄養素を探る

腸内環境ということばは近年いろいろなところで耳にするようになりました。ただ、どこか漠然としたイメージしかないという人も多いはずです。腸内環境ということばは、大きく分けて2通りの解釈ができます。

 

ひとつが、腸内に常駐している菌類や細菌類などの常駐菌の状態です。そしてもうひとつが、腸内の老廃物をいかに効率よく排出するかによって決まる、まさに「腸内の環境」です。この両者には密接な関係がありますが、まずは腸内の老廃物をしっかり排出することからはじめましょう。

 

腸内環境を整える食品とは
老廃物を排出するということは、簡単に言えば便秘を解消することを意味します。便秘の解消には食物繊維の摂取が効果的です。たとえば野菜、ヨーグルトをはじめ、味噌、納豆、キムチなどの発酵食品は、食物繊維の働きによって便秘を解消し、腸内環境を整える効果が極めて高いです。

 

抗酸化食品には消臭効果がある
活性酸素が私たちの身体にさまざまな悪影響を与えるという話は、健康に興味がある女性であれば一度は耳にしたことがあると思います。その活性酸素が及ぼす悪影響のひとつに、実は「まんこのニオイ」が挙げられるのです。ということは、抗酸化作用が強い食品の摂取が、まんこのニオイの改善の効果があると考えられることになります。

 

抗酸化食品とは、抗酸化作用の強い栄養素(ビタミンC、E、βカロテン、カテキン、ポリフェノールなど)を豊富に含む食品のことです。たとえば緑黄色野菜や緑茶には、これらの栄養素が豊富に含まれています。こうした抗酸化食品を積極的に摂取して、まんこの消臭に役立てていただきたいと思います。

 

アルカリ食品でニオイを改善
ニオイの原因のひとつになるのが、疲労などによって体内に蓄積される「乳酸」です。そこで、乳酸の生産を遅らせることができるとすると、まんこのニオイの問題もクリアできるのではないかと考えられることになります。そして、実際にそうした効果が期待できる食材があるのです。

 

その代表的な食品として、酢、梅干しといった酸っぱい食品や、ワカメやコンブなどの海藻類が挙げられます。これらはいずれも体内でアルカリ性になる食品(アルカリ食品)です。もちろん消臭という目的単独でも効果が期待できますが、乳酸が生産される原因となる「疲労」の解消にも、これらの食材は効果的です。それだけアルカリ食品はデリケートゾーンのニオイの改善には有効なのです。

 

 

生理中のまんこのニオイを抑える

生理中にはまんこのニオイが強くなるという経験を、女性なら誰しも持っていることと思います。そして、生理だから仕方がないとあきらめてしまう女性もいるでしょう。しかし原因を知ることで、対策を立てることは十分可能です。

 

生理中のまんこのニオイが強まる理由

女性にとって、ある意味女性である証拠となるのが生理ですが、しかし基本的には女性にとってメリットとなる要因はあまりないように感じられるかもしれません。ホルモンバランスの崩れによってさまざまな体調不良が表れますし、特に若い女性の場合気になるのが、生理中のまんこのニオイはとても強くなるというところでしょう。

 

では、なぜ生理中にはまんこのニオイが強くなるのか、その理由から考えます。

 

生理中のまんこのニオイは経血のニオイ?

生理というと、まんこには経血が分泌される現象です。まさに女性にとっての生理現象ですから、こればかりはどうにもならないわけですが、しかしそのときにまんこのニオイが強まってしまうということだけは、何とか対処したいはずです。

 

平常時よりも生理時のほうがまんこのニオイが強まるということは、要するにまんこが臭うわけではなく、経血が臭っているということだろうか?と考えるのが自然でしょう。しかし実は、経血自体は多少の鉄分のニオイがあるだけで、それ以外は無臭なのです。

 

汗をかくと不快なニオイがしますが、実は汗自体はほとんど無臭の場合が多いです。では、なぜ汗臭さが感じられるのかというと、実は汗に群がるニオイの原因菌である雑菌が増殖しているからなのです。そして実は、生理中の強いニオイに関してもまったく同様に説明されることになります。

 

つまり、経血自体が臭っているわけではなく、経血に群がる雑菌が原因で生理の時期特有のニオイが発せられることになるのです。

 

 

生理中のまんこのニオイの対策

それでは、どのようにして生理時の強いニオイを撃退するかということについてお話していきましょう。

 

まんこの清潔を保つ

生理の有無の違いはあれ、やはりまんこの問題ですから、基本はまんこの清潔を保つことが大切です。経血が分泌したときには、できるだけこまめにナプキンを交換するといった対処がまずは有効になります。

 

どうしてもニオイが気になる場合には、膣洗浄アイテムを駆使するという方法も有効です。膣洗浄アイテムの場合、多くはビデ洗浄が可能になりますので、気分的にも「洗った感」が大きくなり、少しスッキリするはずです。

 

下着の材質にも工夫すべき

ただでさえ女性のまんこは非常に蒸れやすい部位です。そこでさらにドロッとした経血の分泌があり、ナプキンの装着も加わるわけですから、生理のときにはまんこの蒸れが最高潮に達します。実際の不快感もそうですし、気分的にも非常にブルーになる理由のひとつが、この「蒸れ」でしょう。

 

そこで、まずは下着から見直すという方法も考慮する余地はあります。つまり、通気性を重視して下着を選ぶのです。生理時には経血の漏れを防ぐために厚手の下着を着ける女性も多いですが、ナプキンをしっかりと装着できる自信がある女性は、せめて下着の通気性を保つことを心がけるだけで、体感的、気分的にはかなり変わってくるはずです。

 

もちろん気分的な要因だけでなく、下着の通気性を確保することで雑菌の増殖を抑えることができます。それにより、生理時特有のニオイも多少なりとも抑制できるようになるのです。下着の通気性は意外と盲点になりますので、生理中のニオイに悩む女性はぜひ実行していただきたいと思います。

 

 

IラインとVラインをケアしてニオイをカット!

まんこのニオイのことを「すそわきが」と呼んだりもします。ただ、その原因は非常に多様で、どのすそわきがどの原因によって起こっているかを特定することは非常に難しいです。ただ、その原因の一端として、陰毛にその可能性がおよぶことがあります。

 

IラインやVラインがまんこのニオイの原因になる理由

女性にとってIラインやVラインといった陰毛の処理は、非常に大きな意味があります。もちろん見た目の問題もありますが、それ以上に、IラインやVラインが原因となるニオイがあるからです。

 

一般的に、まんこのニオイというと、膣からのニオイや陰唇に付着した雑菌が原因として考えられます。しかし意外とIラインやVラインの問題がニオイの原因になっていることも多いのです。

 

なぜIラインやVラインがニオイの原因になるのかという理由について確認していきます。

 

「すそわきが」と呼ばれる理由は「わきが」と関係しているから

腋から漂ってくるイヤなニオイ、もしくはそのニオイを放つ人を「わきが(症)」などと呼びますが、IラインやVラインからのニオイも「すそわきが」と呼ばれます。腋の問題でもないのに、なぜ「わきが」の用語を用いるのかというと、実は、(あくまでも推測の範囲内ですが)、すそわきがによるニオイとわきがによるニオイはほぼ同じメカニズムで放たれるからです。

 

どちらもニオイの原因になっているのが、アポクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌する汗だからです。アポクリン腺から分泌する汗にはニオイの原因菌が付着しやすく、非常に強い悪臭が発生することが多いのです。これがまんこの、特にIラインやVラインの付近で起こっているすそわきがなのです。

 

すそわきがにもわきがにも共通するアポクリン腺の分布

アポクリン腺は、腋やIライン、Vラインに数多く分布することがわかっています。だからこそ腋やまんこのニオイのトラブルが起こりやすいのです。ただ、それだけではなく、腋の毛穴やIライン、Vラインの毛穴の直近にアポクリン腺が位置しているという点でも共通しており、毛穴から臭気が放たれるという共通点があるのです。

 

しかし、両者を同じ方法で問題解決することはできません。あくまでも腋は腋の、まんこはまんこの問題として処理しなければなりません。

 

 

すそわきがの対処方法

IラインやVラインからニオイが発せられるということは、陰毛によって、発せられたニオイが助長されている可能性も考えられます。陰毛が長く絡み合っていたりすると、蒸れの原因にもなりえます。当然それが雑菌の増殖を助長します。ですからひとつの方法として、陰毛の処理が問題解決の糸口になるとも考えられるのです。

 

しかも、IラインやVラインだけでなく、肛門付近のOラインの脱毛にも効果が見込めます。陰毛の処理であればご自身で施術することも可能かと思います。ただ、IラインでもVラインでも「まんこ」に属することになるので、まずは安全第一で施術していただきたいと思います。特にOラインは完全にブラインドになりますので注意が必要です。

 

また、脱毛ともなるとさすがに自力ではムリがありますので、第三者の施術が必要です。近年では脱毛サロンなども都市部にはたくさん登場していますので、多少お金と時間はかかるかもしれませんが、まんこのニオイ対策の一環としてそういったサロンをご利用いただくのも悪くないと思います。

 

 

まんこはなぜかゆくなる?原因と対策

まんこの悩みにはいろいろな種類がありますが、特にかゆみの悩みに関しては、まさか人前でボリボリかきむしるわけにはいかないだけに、女性にとっては深刻です。その原因はいろいろ考えられますので、原因ごとに対処することが大切です。

 

まんこのかゆみの原因

女性のまんこはどうしても蒸れやすい部位ですから、蒸れが原因でかゆくなることが多いです。そして、ナプキンやオリモノシート、さらには下着などによるかぶれが原因となることもあります。ただ、それ以外にも原因はあって、むしろそちらのほうが深刻な場合もあります。

 

原因1 オリモノなどの分泌液による汚れや雑菌による炎症

女性のまんこは、オリモノや汗をはじめとして、分泌液が多い部位です。しかも前述のとおり蒸れやすいという条件から、身体の中では腋と並んで汚れやすく、雑菌が増殖しやすい条件であると言えます。

 

その雑菌によって皮膚が軽度の炎症を起こすと、それがかゆみとして感じられることになります。炎症を放置すればさらに悪化し、かゆみだけにとどまらず、強い痛みを伴う皮膚病を発症することもあります。そうならないよう早目に対処する必要があります。

 

原因2 敏感肌やアレルギー、体調不良など

まんこは、分泌液によって表面は湿っているように感じられるかもしれませんが、角質層が他の部位にくらべて薄いため、細胞レベルでいえばむしろ乾燥しやすい皮膚です。そのため、敏感肌の人はまんこにかゆみを生じやすい傾向があります。

 

また、アレルギー体質の人がまんこのケアを行うと、石鹸や美容液の成分によって皮膚がアレルギーを起こしてかゆみを生じるケースもあります。さらに、生理や体調不良などの理由でホルモンバランスが崩れるタイミングで、まんこがかゆくなることも比較的多く起こります。

 

まんこのかゆみの正しい対処法

基本的には、汚れや雑菌の増殖という、女性のまんこであればそんなに珍しくない原因によってかゆみが生じます。ですから、まずは清潔を保つことが大切です。ナプキンやオリモノシートをこまめに交換する、化学繊維の下着は着けないなどといった対処を行うように心がけていただきたいと思います。

 

特殊な細菌やウイルスの感染によるかゆみの対処法

ただし、雑菌の中でも強いかゆみを訴えるのがカンジダ菌であり、このケースでは、性病科や婦人科などで治療が必要になる場合があります。カンジダ菌は性交渉によって男性に感染することもありますので、自分だけの問題としてとらえるべきではありません。

 

他にも大腸菌、ブドウ球菌の感染による感染性外陰炎をはじめ、トリコモナス膣炎や尖圭コンジローマといった感染症が原因となるまんこのかゆみは多いです。これらはできる限り病院で治療を行い、完治させる必要があります。

 

やはり放置による症状の悪化や二次感染は非常に都合が悪いですから、とにかくかゆみが強い場合には、医療機関での対処が必要になります。

 

感染症以外の原因によるかゆみの対処法

敏感肌や乾燥肌の人のかゆみには、少しオイリーな専用クリームや、保湿の効果が高いワセリンなどの塗布が効果的な場合があります。また、生理や体調不良が原因のかゆみの場合、ホルモンバランスを整えることが優先されます。

 

この場合、睡眠時間をしっかり確保し、正しい食生活を送り、ストレスを増やさないように規則正しい生活を送るよう心がけることが望まれます。かゆみの症状がひどいときには、ガマンせず病院に行くことを第一に考えてください。ご自身のためにも大切なパートナーのためにも、そうあるべきです。

 

 

〜コラム〜
まんこの臭いという言葉の悪いイメージをとやかく言うのでは前向きではありません。それよりもまんこの臭いを男性がよろこぶいい匂いにする努力が必要でしょう。もちろん自分自身のためにもなりますので、まんこの臭い対策について確認していきましょう。
■綿製の下着などでいい匂いにする
まんこの臭いをいい匂いにするには、まずは合成素材の下着を綿製のものにしましょう。また、ナイロンストッキングや合成素材はまんこの通気性を阻害して、身体本来の持つ空調をブロックします。タイトな服ではなく、緩めな服を着るとまんこの換気性が良くなるので、嫌な臭いが軽減されます。
■是非論はあるが香水をつける
まんこの臭いを弱くするために香水をつける方法があり、ベッドインでは必要かもしれません。ただし香水類は絶対にまんこにつけてはいけません。香水をつけるのは膝から10センチくらい上に少しだけにしましょう。なお、たとえば自然の身体の匂いに近いムスクの香りなどがおすすめです。■ティーツリーオイルをまんこの周辺につける
ティーツリーオイルを水で薄めてまんこの周辺につけるといい匂いになります。ポイントは薄めにすることで、ティーツリーオイルには抗菌と抗カビ作用があり、まんこの嫌な臭いの原因になるバクテリアを除去します。
■液体クロロフィル(葉緑素)を飲む
毎日大さじ1杯の液体クロロフィル(葉緑素)を水で薄めて飲むのもいいでしょう。クロロフィルは緑の植物の自然のデオドラントです。ただし、クロロフィルは舌を黒く変色させたり、尿や便を緑色に変色させますが、これは無害な副作用ですから心配がありません。
■お風呂にリンゴ酢を入れる
リンゴ酢は自然の抗菌剤ですから、風呂の湯の中に2カップほどを入れて、20分ほど浸かると、リンゴ酢がまんこの臭いの原因となるバクテリアを死滅させますからいい匂いになります。