あそこのニオイが病気を教えてくれるかも!?

 

あそこのニオイに悩む女性は多いです。が、デリケートゾーンのニオイの多少は、多くの場合「主観」で判断されます。他の人のニオイがわからない以上、自分のニオイがどの程度強いのかということを相対的に判断することはできません。それが、意外な危険を生むこともあります。そう、病気のサインになり得るのです。

 

そもそもなぜアソコは臭うのか

経験的に、アソコが臭うからといって、それがすぐに病気であるということにはもちろんならないということを、みなさんは理解されていることと思います。というのも、デリケートゾーンのニオイの原因は雑菌にあり、デリケートゾーンのような適度の湿気と温度が保たれ、しかも通気性が悪い部位は、どうしても雑菌の温床になりやすいのです。

 

雑菌のさらなる増殖を抑えてくれる働きをする雑菌(いわゆる善玉菌)も、デリケートゾーンの雑菌の中には常駐していますので、なんでもかんでも雑菌を排除すればよいかというと、そう単純なことでもないのです。ですから、ある程度のニオイは仕方がないと解釈する必要はあるかもしれません。

 

ニオイの変化に注意すべき

女性はある程度年齢を重ねることで、ご自身の生理周期や排卵周期などのタイミングを体で覚えると思います。生理が近づくとオリモノの量が増え、そのニオイがきつくなったりすることもあるでしょう。ただ、だからといってそれだけで慌てふためくようなことはおそらくないはずです。

 

問題は、いつもと違うケースです。もちろんオリモノのニオイの強さや粘り気、色などもそうですが、オリモノが増えるタイミングや、ニオイなどオリモノに変化が現れるタイミングがいつもと全然違うというケースにも、ちょっと注意が必要です。万一その後何らかの不調を感じたら、病院で検査してもらったほうがよい場合もあります。

 

 

あそこのニオイの変化でどんな病気がわかるの?

やはり最も多いのが、婦人科系の病気です。別に脅かすつもりはないですが、中にはかなり深刻な病気のサインになっているケースもあります。

 

デリケートゾーンのニオイなどの変化から疑われる病気

まずはニオイの変化です。オリモノのニオイが急にきつくなり、体臭というよりも悪臭というレベルにまで達した場合、子宮内膜炎、淋菌感染症(淋病)、細菌性膣炎などが考えられます。さらに、最も恐ろしいところでは、子宮頸がんの可能性も疑われます。

 

普段透明なオリモノが、目視できるレベルで黄色、緑色などに変化してきている場合には、トリコモナスの可能性も考えられます。ですからニオイはもちろん、色や粘度などの変化にも注意を払ってください。

 

デリケートゾーンにかゆみを伴う場合

デリケートゾーンやオリモノのニオイや色、粘り気などの変化だけでも十分病気の可能性が考えられますが、デリケートゾーン自体に異常が見られるケースも当然その可能性は考えられます。特に、強いかゆみを感じた場合、近年感染率が非常に高まっているカンジダ膣炎の疑いがあります。

 

カンジダ膣炎の場合、デリケートゾーンのかゆみと同時に、オリモノの性質がかなり大きく変化します。一説によれば魚が腐ったような生臭い悪臭がデリケートゾーンやオリモノから発せられるとされるのが、カンジダ膣炎の特徴です。また、本来無色透明であるはずのオリモノにも白や黄色といった色がつくのも特徴になります。

 

カンジダ膣炎は、もともとデリケートゾーンに常駐している常駐菌のひとつですが、免疫力の低下などの理由から急激に増殖することがあります。免疫機能により改善されるケースもありますが、デリケートゾーンに明らかな異常があるなら、一度病院で検査してもらうべきでしょう。

関連ページ

まんこの黒ずみの原因
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
痛みとニオイを伴うデリケートゾーンのトラブルとは?
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
重曹によるまんこのケアの有効性と危険性
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。