痛みとニオイを伴うデリケートゾーンのトラブルとは?

 

女性のデリケートゾーンは「デリケート」といわれるだけあって、いろいろとトラブルを生じやすい部位です。多くの女性が経験しているのは「ニオイ」のトラブルですが、ニオイ以外にも「痛み」を伴うケースは、ちょっと不安になりますよね・・・

 

デリケートゾーンの痛み、ニオイと性病・病気

女性のデリケートゾーンは蒸れやすいため、かゆみを伴うことが多い部位です。それだけに、周りに人がいないときにはかくことによってかゆみを鎮めるという方法もアリといえばアリでしょう。

 

ただ、デリケートゾーンだけに、かくことによって痛みを発症するケースはけっこう多く見られるようです。デリケートゾーンのかゆみの対処はなかなか難しいものがありますが、できるだけ優しく扱うことを重視していただきたいと思います。

 

さて、このように原因がはっきりしている痛みではなく、ちょっと種類が違う、やや不安を伴うような痛みがデリケートゾーンを襲うこともまれにあります。そういったケースについてお話していきましょう。

 

デリケートゾーンに痛みとニオイを伴う代表的な病気

デリケートゾーンに痛みを伴うのは、大腸菌などの細菌性疾患や性器ヘルペス、梅毒などが最も代表的です。これらは大陰唇や小陰唇の内側の面に痛みが表れる場合が多いです。

 

また、これらの病気は不快なニオイが伴うことが多いです。痛みとニオイがいつもとは違うレベルで感じられた場合、これらの病気が懸念されますので、病院にいって検査をしたほうがよいでしょう。

 

 

痛みとニオイを伴うその他の女性器の病気

ニオイと痛みというだけでは、自分で病気かどうか、あるいはどの病気かを判断することは難しいです。ただ、可能性という意味で否定できない女性器の病気はいろいろありますので、思い当たる症状がある女性は以下を参照していただきたいと思います。

 

外陰潰瘍

文字通り、女性器の外部に潰瘍ができる病気の総称です。細菌性のものをはじめとして、ヘルペスウイルスや梅毒スピロヘータなどの感染が原因となって発症します。外陰潰瘍は非常に強い痛みを伴う病気ですので、万一発症したら、病院に行かなければならない状況であるといえます。

 

抗生物質、抗ウイルス剤の投与による治療がメインで、補助的に軟膏塗布による治療も実施されることが多いです。

 

バルトリン腺炎およびバルトリン腺膿腫

こちらも文字通り、バルトリン腺に炎症を伴うのがバルトリン腺炎であり、バルトリン腺が化膿している場合がバルトリン腺膿腫です。バルトリン腺炎の場合、抗生物質の服用によって改善されることが多いですが、悪化するとバルトリン腺膿腫を発症し、このケースでは切開して膿を除去する必要があります。

 

バルトリン腺炎は見た目にも赤味を帯び、痛みとニオイを伴うことが多いです。バルトリン腺膿腫に関しては、痛みが激痛のレベルに達することも多く、自然治癒は極めて困難です。

 

性器ヘルペス

ヘルペスウイルスは、性器に限らず、唇などにも感染することがあります。ヘルペスウイルスが感染すると、微小な水疱ができます。ただし、水疱をつぶすことによって潰瘍化することがありますので、ついついつぶしたくなる気持ちもわかりますが、水疱を見つけたら速やかに病院に行くことをおすすめします。

 

万一潰瘍化してしまうと、排尿時に激痛を伴いますので、早期治療を行うのがベストの選択です。

 

 

重篤な病気

痛みとニオイを伴う女性器の病気には、上記以上に重篤な病気もあります。その代表となるのが、「外陰がん」です。外陰がんはオリモノの過剰分泌、性器の悪臭に加え、外陰部に痛みを伴うことが多いです。他にもページェント病という特殊な重病もありますので、違和感があればすぐに病院にいきましょう。

関連ページ

まんこのニオイが病気を教えてくれるかも!?
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
まんこの黒ずみの原因
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
重曹によるまんこのケアの有効性と危険性
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。