かゆみからくるアソコのニオイと対策

 

アソコのトラブルを抱えた女性は多いです。アソコのトラブルはニオイの悩みが多いですが、かゆみを伴うトラブルを経験している女性もかなり多いのが実際です。また、かゆみを伴うトラブルの場合、性病の可能性も考えられるため、慎重を要するケースもあります。

 

かゆみ・ニオイと性病・病気

デリケートゾーンのトラブルの多くが、女性器から漂うニオイの問題ですが、とあるアンケートによると、ニオイだけでなく、かゆみを経験したことがあるという女性は実に50%にものぼると言われます。

 

もちろん女性のアソコには大量の雑菌が常駐していますので、そのバランスコントロールが失われることで、皮膚に炎症をきたすこともあります。皮膚の炎症によってアソコにかゆみが起こることも多いです。

 

そしてニオイに関しては、炎症云々の前にそもそもニオイの原因菌が増殖している可能性が高いわけですから、皮膚に炎症が起こる事態にまで状況が悪化すると、ニオイの問題もすでに併発していることが多いです。

 

ただし、アソコのニオイやかゆみの問題を、単に「女性特有の問題」として処理してしまうのは危険な場合もあります。というのも、女性の性病の中にはニオイとかゆみを伴う「病気」もあるからです。

 

強いかゆみとニオイを伴うカンジダ膣炎

強いかゆみと普段以上に不快なニオイを伴う性病として、カンジダ膣炎が挙げられます。性病というと、「自分とは関係ない病気」であるように感じられるかもしれませんが、カンジダ膣炎は性病の中ではかなり身近な病気なので、男性との性交渉を直近で経験している女性には、当然その可能性が考えられます。

 

デリケートゾーンにいつもより不快なニオイを感じたり、激しいかゆみを感じた場合には、できるだけ早く性病科や婦人科などの病院にいって検査してもらう必要があります。

 

カンジダ膣炎以外にも恐ろしい病気がある!

アソコのニオイやかゆみを伴う病気は、カンジダ膣炎以外にもあります。デリケートゾーンのトラブルというと、性病のイメージがあるかもしれませんが、実は、性病とは別の病気で、とても恐ろしい病気があるのです。それが「ページェット病」と呼ばれる病気です。

 

ページェット病は、女性器周辺部にできる悪性腫瘍です。つまり、「がん」です。性器ヘルペスなども重篤化することが多いですが、デリケートゾーンの強いかゆみやニオイを発する場合、ページェット病の可能性も考えられますので要注意です。ページェット病は、特に閉経後の女性に多く見られる病気です。膣の内部もそうですが、外陰部に強いかゆみをともなうことがあります。

 

 

ニオイやかゆみを解消する

アソコのニオイにしてもかゆみにしても、雑菌が悪さをしている可能性が高いですから、まずは雑菌のコントロール、つまり「清潔を保つ」ことが重要です。特に蒸れやすい部位だけに、経血やオリモノで汚れたナプキンやオリモノシートなどの交換をこまめに行うことは重要です。

 

洗浄の際も、デリケートゾーンに適した専用石鹸を使用して、正しく洗浄することが大切です。一般的なボディソープではニオイを悪化させるリスクが高まりますので、やめましょう。洗う際にも、ゴシゴシやりすぎないように優しく洗ってください。

 

また、上記でお話したとおり、デリケートゾーンのニオイやかゆみに関しては、非常に恐ろしい病気である可能性も否定できませんので、症状がひどいときには、迷わず病院で検査することが大切です。早期発見、早期治療は、デリケートゾーンのトラブルについても他の病気同様、非常に重要なことです。

 

>>>まんこの臭い対策|人気おすすめケア商品ランキング

関連ページ

「弱酸性」と「弱アルカリ性」のどちらを選ぶべき?
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
石鹸やビデを使った洗浄は注意が必要
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
独特のニオイの原因はオリモノにあり!?
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。