「弱酸性」と「弱アルカリ性」のどちらを選ぶべき?

デリケートゾーンのニオイ対策アイテムは、石鹸にしても美容液にしても、普段顔や身体に使用するものとは違い成分にこだわったものが多いです。そのため、陰部の臭い対策には石鹸選びも大切になってきます。

 

デリケートゾーンの専用石鹸について

市販されている普通の石鹸の場合、デリケートな部位には刺激や洗浄力が強すぎるため、膣内の善玉菌まで洗い流してしまうリスクが生じます。

 

善玉菌には、デリケートゾーンのニオイの原因なる悪玉菌を抑制する働きがあります。善玉菌を洗い流してしまうと、悪玉菌を洗い流すことに成功しても、時間とともに残った悪玉菌の増殖を促し、結果的にデリケートゾーンのニオイがさらに強まってしまうことになります。

 

ですから、まずは「デリケートゾーンに特化した専用石鹸」を使用するという方向性が正しいと言えます。

 

デリケートゾーンには弱酸性石鹸がよいといわれるけど・・・

一般的に、デリケートゾーンの専用石鹸は「弱酸性」の石鹸であることが多いです。これは、膣内のpHバランスが弱酸性に保たれることが多いからです。同じ弱酸性どうしであれば、確かに肌への刺激は最小限にとどめられるはずではあります。ただ、単に弱酸性というだけではリスクを招く可能性がないわけではありません。

 

弱酸性石鹸には合成界面活性剤が使われていることが多い

確かにpHバランスを考えると、弱酸性の石鹸はデリケートゾーンに適しているといえます。ただ、弱酸性石鹸の多くは、界面活性剤が含まれているというのがひとつの問題となります。

 

合成界面活性剤を使用する目的は、より洗浄力を高めることです。とすると、せっかく弱酸性の専用石鹸であったとしても、結果的には膣内の善玉菌を合成界面活性剤の働きで洗い流してしまうリスクが高まるのです。その点、弱アルカリ性の石鹸であれば、合成界面活性剤を使用しなくても、弱酸性の肌に対しては効果的に汚れを落としやすい性質があります。

 

ただし、やはり肌への刺激という点を考えると、弱酸性の石鹸よりは弱アルカリ性の石鹸のほうが大きくなります。ですから、肌質が弱い女性には弱アルカリ性の石鹸をオススメすることは、あまりきません。

 

一長一短がある

弱酸性にしても弱アルカリ性にしても一長一短がある、ということです。弱酸性石鹸を使用していれば大丈夫ということもなければ、弱アルカリ性ではダメということも必ずしも言えないということになります。

 

中途半端な結論になってしまいますが注意していただきたいのは、良いと思ったケアであっても、うまくいかないこともある、ということです。いろいろ試してみて、自分に最適な石鹸を見つけていただきたいと思います。

 

>>>まんこの臭い対策|オススメ石鹸ランキング

関連ページ

石鹸やビデを使った洗浄は注意が必要
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
独特のニオイの原因はオリモノにあり!?
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
かゆみからくるアソコのニオイと対策
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。