石鹸やビデを使った洗浄は注意が必要

 

自分のまんこのニオイが最近気になる・・・と悩む女性は多いです。事情を訊いてみると、たいていは心当たりがないと言います。それどころか、ちゃんと石鹸を使っていて、しかもしっかりと洗浄しているのに・・・と言いますが、実は、それが逆効果を生んでいる可能性があります。

 

まんこのニオイの原因は「石鹸」と「洗い方」に問題がある!

デリケートゾーンのニオイが気になる女性は、そのニオイの問題をクリアするために、洗浄力が強い石鹸を用いる傾向が強いです。そして、デリケートゾーンをゴシゴシと洗ってしまう女性が多いです。

 

デリケートゾーンにはたくさんの種類の雑菌が常駐しており、その雑菌がニオイの原因になるケースが圧倒的に多いです。ですから、ニオイを消すためにはその雑菌を洗い流せばよいという考え方も、確かに間違いではありません。ただし、必ずしも正しいとは言えないのです。

 

デーデルライン桿菌を洗い流さないで!

ニオイの原因菌となる雑菌を洗い流すこと自体は、デリケートゾーンのニオイの対策としては有効であるといえます。というより、誰もが考える「基本」です。ですから、ニオイが強いときには、まずは「洗う」という発想で問題ありません。ただし、洗い方には大いに注意が必要になります。

 

ニオイの原因菌となるのも膣内に常駐する雑菌ですが、その原因菌の増殖を抑制する働きがある雑菌も実は膣内に常駐し、ニオイの原因菌と同居しているのです。つまり、デリケートゾーンの環境を整える上で「善玉菌」と考えることができる細菌がいるということを、まずは理解する必要があります。

 

その善玉菌のことを、「デーデルライン桿菌」と呼びます。洗って清潔を保つことは重要なニオイ対策ですが、このデーデルライン桿菌まで一緒に洗い流してしまうと、ニオイの原因菌が増殖する可能性が高まりますので要注意です。

 

ビデの使用にも注意を!

女性のデリケートゾーンは構造的にも非常に複雑です。ですから、膣壁に付着しているニオイの原因菌をキレイに洗い流したいと考えると、指ではなかなか落としきれないことも想定しなければなりません。

 

そんなときに便利なのが、いわゆる「ビデ」です。実際膣洗浄アイテムの多くは、ビデで洗うことを推奨しているものが主流です。ただし、ビデで洗う際にも力を入れすぎるとデリケートな膣壁に傷をつけてしまうリスクがあります。膣壁に傷ができると、傷口から分泌する血液などの体液を雑菌がエサとして増殖するからです。

 

 

石鹸やビデを使用するならとにかく「優しく」

デリケートゾーン専用の石鹸や膣洗浄アイテムならイヤなニオイも消えるに違いないと考える女性は多いはずです。ただ、膣内の環境は個人差がありますので、一概にいえない部分もあるのです。

 

気を付けることがあるとするならば、あまりにも洗浄力が強すぎる石鹸は使用しないことが非常に重要です。デーデルライン桿菌を洗い流さない程度の洗浄力の弱酸性石鹸の使用をおすすめします。そして、ビデ洗いの際にもできる限り優しく洗うことが大切です。

 

たとえ膣壁に傷がついても、小さい傷の場合は自覚がないこともあります。しかし雑菌はその傷をきっかとしてこれ幸いと増殖をはじめます。ですから、どんなに小さい傷もつくらないという配慮が必要になります。そのためには、ビデをつかうのであれば指で洗う以上に優しく洗う以外方法はありません。

 

肌質が弱い女性の場合、石鹸やビデの使用は控えたほうがよい場合もあります。デリケートゾーンのニオイや雑菌は、ぬるま湯だけでも十分落とすことができるのです。

関連ページ

「弱酸性」と「弱アルカリ性」のどちらを選ぶべき?
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
独特のニオイの原因はオリモノにあり!?
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
かゆみからくるアソコのニオイと対策
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。