独特のニオイの原因はオリモノにあり!?

 

デリケートゾーンのニオイには必ず原因があって、その原因は多様です。今回は、「オリモノ」によるニオイにターゲットを絞ってお話していくことにします。

 

オリモノはムダな体液ではない

成熟した女性なら、デリケートゾーンから必ず一定量のオリモノが分泌されることをすでに承知しているはずです。オリモノが流れだして下着を汚してしまったからといって、それが特別異常を示すものではないということもご存知のはずです。

 

 

オリモノの特徴と働き

オリモノは、主に子宮と膣から分泌される体液で、その特徴は個人差や体調の変化によって変わってくることが多く、イマイチ実体がつかめないところもあります。一般的にオリモノのニオイは無臭であることが多いです。

 

しかし時と場合によっては少しすっぱいようなニオイを発したり、チーズのニオイに似ていると感じたりすることもあります。しかしオリモノはただ単にデリケートゾーンから流れ出すだけではありません。ちゃんと意味があって分泌する体液であるということは認識しておく必要があります。

 

で、オリモノの必要性ですが、オリモノが分泌するということは、子宮や膣の新陳代謝が行われているということの証になります。そして、オリモノが女性器から流れ出すことによって雑菌の侵入を拒み、すでに侵入している雑菌を追いだす役目も果たします。そういった意味では、オリモノはとても重要な役割を担っているということにはなるでしょう。

 

 

オリモノのニオイが強く感じられる理由

上記でお話したとおり、基本的にオリモノ自体が激しく臭うことはあまり多くありません。逆に、もしそういう状態のオリモノが分泌された場合には、何らかの異常のサインになっている場合もありますので、病院で検査してもらうべきでしょう。

 

しかし、実際「何か異常があるの?」と不安になってしまうくらい、オリモノから強いニオイが発せられることもあります。ところが多くの場合、ニオイの質的にはいつもと同じような質で、その程度が増すというケースが多いです。

 

なぜそういうことが起こるのかというと、それはニオイそのものが強まっているのではなく、オリモノの量が増加していることが理由であることが多いです。女性も30代に突入するとオリモノの量がかなり増えることが多いですから、年齢に伴ってオリモノのニオイが強く感じられることも多くなります。

 

体調によってオリモノの量だけでなく、色や粘度が変わってくることもあります。それによってニオイの質や強さも変化しますので、オリモノのニオイの実態をつかむのはなかなか難しいものがあることは事実です。

 

 

オリモノのニオイへの対策

オリモノのニオイの消臭の方法はいろいろ考えられます。しかし前提となるのは、デリケートゾーンを清潔に保つという考え方です。しかし清潔を保つとはいっても、あまりにも洗浄力が強いボディソープを使用すると、膣の自浄作用を弱めてしまう逆効果を生むリスクも考えられます。

 

そうなると、オリモノそのもののニオイというよりも、デリケートゾーン全体から悪臭が漂うことになりますので、注意が必要です。オリモノのニオイを消すためには、弱酸性で刺激が小さく、肌に優しいボディソープを使用してデリケートゾーンの清潔を保つことが望ましいです。

 

また、オリモノのニオイに関しては、最低限他人に知られなければよいという側面もありますので、仕事やデートなど、デリケートゾーンを洗うことができないタイミングでは、トイレに入ったときにナプキンやオリモノシートをこまめに交換するといったケアが必要になります。

 

ただ、明らかにオリモノの色やニオイが正常でないときには、迷わず病院に行くようにしてください。

関連ページ

「弱酸性」と「弱アルカリ性」のどちらを選ぶべき?
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
石鹸やビデを使った洗浄は注意が必要
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
かゆみからくるアソコのニオイと対策
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。